ビル・エバンス、キース・ジャレット、ブラッド・メルドーらにつながる叙情派ジャズピアノトリオの流れを受け継ぎながらも、新たな世界を開拓する林祐市さん。

2019年に若手実力者の出宮寛之さん、木村紘さんと結成したこのトリオの演奏は、北欧ジャズに通じる透明感や抒情性、物憂げさを感じさせるロマンティズムをベースに、曲によってはエッジの効いたリズムや現代的なアプローチがあったり、と創造性に富んだ演奏を楽しませてくれます。

 

<林裕市>

5歳からピアノを始め、大学在学中から演奏活動を開始。

2008年に自己のピアノトリオTRISPACEを結成し、スウェーデン録音を含むアルバム4作品をリリース。全国のみならずイタリアでもツアーを行う。2023年に現在のトリオでアルバム”Song for Tomorrow"を発表。ジャズ誌等で高く評価される。

叙情派と評され、透明感のある美しい音色と、繊細かつ力強い演奏は聴く者の心に響き渡る。2016年からは、名古屋芸術大学で教壇に立ち、後進の育成にも注力している。

 


カンランは北欧音楽家のトリタニタツシと北欧ヴォイスのアヤコが出会い、2008年に結成した北欧フォークバンド。

 アヤコ:vocal,hurdy,gurdy

 トリタニタツシ:nykelharpa,mandora

 カリーム:percussion

トリタニのマンドーラ&ニッケルハルパ、アヤコの北欧ヴォイス&ハーディーガーディー、カリームのダルブッカによるトリオ構成は世界でも例を見ないユニークな組み合わせ。

その独自のサウンドは北欧の透き通った透明感と大智の力強さを併せ持ち、オリジナリティに溢れ、リスナーを北欧の森不覚へと誘う。これまでフルアルバム2枚とマキシシングル3枚リリース、北海道から関東、東海、関西エリアを中心に演奏活動を展開中。

 

みわトシ鉄心はマジカルボーカル・ほりおみわ、首振りバウロン・トシバウロン、レジェンドバイバー・金子鉄心の3名からなる、新時代に切り込むケルトミュージックバンド。

ケルト風のバラッド、マウスミュージック、ウォーキングソングにオリジナルの日本歌詞を乗せながら、縦横無尽に駆け巡る。

トラッドに敬意を!トラッドで遊べ!

 ほりおみわ:vocal,guitar

 トシバウロン:vocal,bodhran

 金子鉄心:vocal,uilleann pipes

ケルトミュージックを象徴するイーリアンパイプやホイッスル、アイルランドの太鼓バウロン、そしてギターで奏でるダンスチューン。それに加えてアウルランドやスコットランドの言葉、ゲール語でリズミックに謳うマウスミュージック。みわトシ鉄心の面白さは、その音楽を日本語でも表現するところ。

カッコ良くて面白い!そしてグッとくる音とハーモニー!


横浜を拠点に活動している音楽ユニット ”jaja” 、三重県を気にいってもらって県内のジャズフェスにも積極的に出演されています。サライには通算で7度目の登場です。前回も来て頂いたピアノの坂本さんとのデュオライブです。坂本さんの繊細なタッチのピアノが秋山さんの伸びやかなサックスを支えます。ノリのよい明るいサウンドとユーモアあふれる秋山さんのMC、楽しいライブになるはずです。

 

<秋山幸男さんのプロフィール>

フュージョンバンドjajaで2004年ホリプロよりデビュー。HMVのJAZZ部門ネット予約1位。発売2週間セールス1位を獲得。2005年には東南アジアでCDデビュー、海外公演も果たす。2006年ビクターよりメジャーデビュー。2ndアルバムがアドリブアワード国内ニュースター賞を受賞。2009年、秋山がSJ社アドリブアワードで国内SAXプレーヤ人気投票でトップ10に入る。事務所独立後2018年、インディーズからメジャーにカムバックして国内ジャズフェスなど多数出演、横浜より世界へJapanese Jazzを認めさせるオンリーワンバンドとしてjajaを率いる。


ジャズ界が熱く注目する若き逸材、素晴らしいピアノトリオの登場です。新しい世代が演奏する最前線のジャズを是非聴いてみてください。ずっとあとになって「若い時の演奏をサライで見た」「おー、凄い!」となるかもしれません。

 

<魚返明未>

1991年東京都生まれ。高校時代にジャズピアノを始める。東京藝大作曲科在学中に初リーダーアルバム発表。現在、自己のトリオ、井上銘とのプロジェクトなどの演奏活動に加え、現代音楽、映画音楽の作曲なども手掛けている。卓越した演奏技術と高い音楽性で若くして日本を代表するジャズピアニストのひとり。

 

<高橋陸>

1996年 千葉県東金市生まれ

12歳でベースを始め、15歳でプロ活動を開始。2014年バークリーにフルスカラシップで留学。2017年にJohnny O’Neal Trioの一員としてNYで演奏活動。帰国後は内外のトップミュージシャンとの共演を重ねる。台頭する若手世代のなかでも、群を抜く演奏力でトッププレイヤーから引っ張りだこのベーシスト。

 

<中村 海斗>

2001年米・ニューヨーク生まれ。 群馬育ち。 中学からジャズを演奏し始め、高校時代には石若駿の代役としてミシェル・レイスの日本公演で演奏。昨年は初リーダアルバム発表、コットンクラブでのワンマン公演と進境著しい注目の若手。




サライの木曜日のジャムセッション
サライの木曜日のジャムセッション

<Session in Serai>

 

特別なイベントがない木曜日と金曜日はセッションナイト。地元の腕利きミュージシャンが交代でホストを務めてくれて毎回熱く盛り上がります。ボーカルの方は譜面3部持って来てください。 

 

¥1000

 

Do Jazzライブ
Do Jazzライブ

 <Do Jazzライブ&セッション>

毎月第1土曜日 19:30~(変更あり)

ジャズユニットDo Jazzによるスタンダードを中心とした演奏と来場者参加のセッション。ホーンのアンサンブルと熱のこもった各パートのソロ、そして野崎さんの魅力的なボーカルが聴きもの。

 

¥1,000

JATPライブ
JATPライブ

<JATPライブ>

毎月第3土曜日 19:30~(変更あり)

ギターの古立さん、ボーカルのりょうこさんのご夫婦を中心に腕利きのベテランのメンバーが毎月趣向を凝らした楽しいステージを見せてくれます。お客さんを交えたセッションもあり。

 

¥1,000