◆定員を40名としますのでライブに来られるお客様はなるべく事前にご予約ください。突然ご都合が悪くなった場合もご連絡頂ければキャンセル料は頂きませんのでよろしくお願いします。

◆ライブの詳細は<ライブ・イベント>を参照ください。ご予約は<予約フォーム>をご利用ください

◆今後下記のトップミュージシャンによるスペシャルライブを予定しています。詳細が決まり別途発表します。

 

  2024年

1月13日(土)  権上康志トリオ

1月14日(日)  大林武司ピアノソロ

1月15日(月)  Assorted(加藤大智、成瀨明、北川弘幸)with 中牟礼貞則

1月26日(金)  Quin’ KRANTZ(伊藤寛哲、三輪一登、林祐市、出宮寛之、木村紘)

2月  4日(日)  大森ひろトリオ

2月  8日(木)  斉田佳子・藤井学

2月11日(日)  穂積純典・剣山啓助 カルテット

2月25日(日)  RHYTHMATRIX(クリヤマコト、保井源之新、納浩一、大槻”kalta”英宣、KOTETU、浦田オサム)

3月24日(日)  小菅けいこ・磯貝たかあき

 

サライってどんなところ?

ゆったりとした落ち着きのある客席
サライの内観図

 

 サライは松阪市街地の一角、ビルの2階の奥にあります。

階段をのぼって細い通路を進みガラス扉を開けて中に入ると約40席の客席スペースと楽器やPAが並んでいる演奏スペースがあります。

 

ライブがないときはカフェバーとして営業。

ちょっと照度を落としたライトのなかでそれほど大きくない音量でジャズやボサノバが流れています。

ジャズを聴きながら一人で静かな時間を過ごす、或いはグループでご来店頂いて会話を楽しむことも問題ありません。勿論、周りのお客さんの迷惑にならない範囲で、というのはどこへ行っても同じですね。

ミュージシャンの間近で演奏を楽しむことができる
ライブ開催時の模様

サライの魅力はなんと言っても店内どこからでも抜群の音響と臨場感でミュージシャンの息吹きを感じられるライブスペース!

国内外の一流ミュージシャンや地元の名手たちの演奏を間近で堪能してください。演奏を終えた出演者との交流もライブハウスならではの楽しみです。

 

ライブがない週末の夜はジャズのジャムセッションを行っています。

上手下手にこだわらず誰でも大歓迎、特に女性と遠方から来た人に優しいのが松阪人の気質。初めて参加を希望される方は事前にご連絡いただくか、来店時にスタッフにお声がけください。緊張の第一曲が終わればもう古い友達同然です。

楽器演奏しない方もセッションを盛り上げるための大切な陰の共演者です。演奏を無理強いする人はいませんので安心してご来店ください。

オーディオ

 

純A級アンプが生み出す解像度の高い澄んだ音色がちょっと自慢です。

 プリメインアンプ        Luxman L-590AX MⅡ

 CD プレーヤー           DENON DCD-SX1

 HDDオーディオ         SONY HAP-Z1ES

 レコードプレーヤ     DENON DP-900MⅡ

 スピーカーシステム ALTECH A7  

           DALI ZENSOR5

 

最新のオーディオ設備とレコードプレーヤー
オーディオシステム

サライ文庫

 

スイングジャーナルのバックナンバー(一部)はじめ、ジャズを中心とした音楽、絵画、写真、グルメ関連の書籍を置きました。

ステージに向かって右側の座席は照明ライトをテーブルの近くまで下げていますので、読書をされるときはこちらをご利用ください。

壁際にコンセントもあります。携帯電話の充電器が必要な時はお貸しします。

 

音楽、アート、グルメなどの図書
サライ文庫と読書テーブル

サライギャラリー

 

店内には新進作家、中堅作家の油絵、リトグラフやアンティークな置物など、いろいろ展示しています。

主な展示作品の作家

 ジル・ゴリチ

 テオ・トピアス

 リリアン・シャオ

 足立徹

 

ジルゴリチやテオトピアスの作品など展示
サライギャラリー